業者サービスの活用|昔から人気の不動産会社を利用するメリットとは

昔から人気の不動産会社を利用するメリットとは

業者サービスの活用

空き部屋

自分でできなくても安心

相続などで取得した空き家はメンテナンスしておくと、売却にも維持にも役立ちます。ただし、自分で管理するのは難しいという方には、業者によるサービスが便利です。不動産会社や警備会社には、空き家管理に対応しているところが増えています。危険性がある、景観を悪くするなどの条件に当てはまる特定空き家が問題視されるようになり、自治体によっては強制的な撤去が可能になったことも理由です。業者によって空き家管理サービスの内容が異なりますので、外観の確認だけなのか内部まで管理するのかなどを確認してから選ぶと良いでしょう。また、費用もそれぞれの設定があるので、年間費用を計算したうえで決定すると負担が少なくなって利用しやすいです。

公的サービスの活用

自治体によって空き家バンクのシステムを導入しており、空き家を処分したり自分自身で管理したりする手間を省いてくれます。空き家バンクは、借主を探す、もしくは買主をさがすマッチングシステムのことです。借りて住む人が入れば、その人が住宅のメンテナンスをしますので、空き家として放置して価値を損ねることはないでしょう。公的サービスとして提供されますが、場合によっては費用が掛かることもあるので、空き家のある自治体に確認しましょう。そしてマッチングはあるものの、契約に関しては当事者が行うのが基本ルールなので、トラブルの内契約を締結することも重要です。自分で管理するのは大変、業者に頼むと費用が掛かると悩む方は、貸すことも選択肢に入ります。